イベントが充実してるので箕面の有料老人ホームに入居

イベントが充実してるので箕面の有料老人ホームに入居

先日98歳の祖母が他界しました。

祖父は祖母が元気だった頃は元々住んでいた家で二人で生活していたのですが、祖母が他界した以上祖父一人で住まわせる訳にはいかず箕面の有料老人ホームにお世話になることにしました。

この箕面の有料老人ホームに入居することにした理由は施設内のイベントが充実してるからです。

季節毎に太鼓を叩いたりお祭りしたりと、かなり楽しめます。

しかも、中でも良いと思ったのは施設に入居してる方同士でコミュニケーションを図れること。

同じ施設内にどういう方が生活しているのかは祖父もとても気になると思いますし、何より祖父自身も他の方達と会話できたら楽しいですよね。

最近は祖母が他界したばかりで毎日寂しそうにしてはいますが、色々な方達と沢山コミュニケーションを取って早く元気になって欲しいと思います。

同じ施設で生活してる方はみんな祖父と年齢も近いですので、もし会話するきっかけがあれば「健康 」や「孫の話」など共通点も多いのでは無いかと思います。

箕面の有料老人ホームで生活する祖母に面会してきました

祖母は約1年前から箕面の有料老人ホームで生活してます。

ちなみに祖父は現在病気で病院に入院中で、祖母は認知症を患ってる為私達が箕面の有料老人ホーム面会に行っても私達が誰なのか認識できません。

ですが、私が父や母や妹と面会に行くといつも嬉しそうに笑顔を見せてくれます。

私達が誰かは分からなくても潜在意識の中で身内ということは分かってくれてはいるようで、祖母の笑顔を見ると嬉しい気持ちになります。

祖母に面会に行くと自分の部屋は嫌な様でいつも必ずフロアスペースに連れ出されます。

箕面の有料老人ホームの入所条件

そこで祖母はいつも一生懸命私達に話しかけ、私達家族はそれに対して「うんうん」とうなずくだけにはなってしまいますが、でもこのやり取りはとても心地よいです。

祖母が認知症になってしまってからは以前の様に会話のキャッチボールはできなくなってしまいましたが、でも私にとって大好きなお婆ちゃんではありますので、いつまでも長生きして欲しいですね。